思いっきりチャレンジしよう! だけど、チャレンジ疲れにご注意

こんにちは、みどりです。

本日のメルマガでは、「思いっきり、一途に、チャレンジ」と題して、挑戦することについて書きました。このブログにも転載しますね。

先日の好評だったものに対して、もう少し掘り下げています。

後半に、チャレンジしないほうがいいときについても書いています。

チャレンジすべきこととチャレンジしどきを見極めるためにぜひ最後まで読んでくださいね。

ではでは、レッツゴー。

1.【自分色人生ガイド 第240号】思いっきり、一途に、チャレンジ

↓ここからメルマガ引用です
———————————————–

こんばんは、みどりです。

前々回のメールマガジンに、
「そのテレビ、私も見ていました!感動して繰り返し見ています!
「私も『これだ!』と思えるものに出会いたいです」
といまだ反響をいただいています。

⇒前々回のメールマガジンはこちらから確認できます
https://midoriiro.net/truecolorslife/nevergiveup20200131/

これだけ徳永さんが私たちの心を揺さぶっているのは、
以下の3つが動画に凝縮されていたからではないかと思います。

・あらゆるハンデをものともしないチャレンジ精神
・一途さ、まっしぐらさ、信念のつよさ
・本人の想像以上のハッピーエンド

逆に言えば、
私たちも上の3つがあれば、
周りの人々も自分自身すらも
「おおおおーーーー!!!!」と心を震わせるような
ミラクル人生を自分の手でつくっていけるということです。

ただね、よく見てください。

・チャレンジ精神
・一途さ

この二つは自分でコントロールできるとしても、
「本人の想像以上のハッピーエンド」はどうすれば手に入れられるでしょうか。

どう思いますか?

ズバリ、本人の想像以上のハッピーエンドを手に入れるには、
神様仏様(宇宙/something great/お天道様 など、なんでも心響くもので)をも唸らせるほど、
チャレンジ精神でもって自分のやりたい!ことに思い切り飛び込んで、
ただひたすら一途に努力することにつきます。

何年かかるかわかりません。
途中で困難なこともあるでしょう。

それでも諦めないで夢中になって泳ぎ続けると
今までに考えたこともない境地へ神様仏様がいざなってくださるのです。

徳永さんも「奇跡の遥か先の奇跡」とおっしゃっていましたね。

まずは
やりたいことがあるときはそのことを、
まだ見つかっていないときは目の前にあることを、
思いっきりやってみましょう。

失敗したっていいのです。
徳永さんだってうまく弾けないから
何回も何回も何回も練習しているのです。

とにかく思いっきりチャレンジし続けましょうね。

※今はなんにもチャレンジする気が起きない、疲れている…。
ため息や涙がでる…。
そんなときに必要なのはチャレンジではなく休息です。
ゆっくり休みましょう。

本日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

明日も楽しく♪
愛をこめて

———————————————–

↑メルマガはここまでです。

2.【ブログ版追記】チャレンジしないほうがいいとき

今回のメルマガの最後に注釈をいれています。

↓この部分です。

※今はなんにもチャレンジする気が起きない、疲れている…。
ため息や涙がでる…。
そんなときに必要なのはチャレンジではなく休息です。
ゆっくり休みましょう。

これ、すごく大事です!!!

なので、もう少し詳しく書きますね。

努力や挑戦は大切なのですが、ときに頑張りすぎて疲れてしまうことがあります。

でも、「頑張らなきゃ」とさらに追い込んで、さらに疲れやストレスが増します。

そうすると、いつしか心と体が悲鳴を上げてしまいます。

なので、できれば倒れこむ前に以下のようなことがあれば、いつもより多めに「休んで」ください。チャレンジは少しお休みです。

  • 何もする気が起きない、疲れている
  • 気分が乗らない、やりたくない
  • 朝起きられない、朝がひどく憂鬱
  • ため息や涙がでる
  • ごはんがおいしくない、味がしない
  • そういえば、最近笑ってない
  • 湧き出てくる感情を処理できず、自分より弱い人や物に当たっている
  • なぜかわからないけど辛い、悲しい、寂しい、苛立つ、惨めだ、気がどんよりしている
  • 明らかに自分のキャパシティを超えている(でも断れなくて仕方なくやっている)

休むと怒られたり嫌味をいわれたりする環境(職場/学校/家庭など)にいたとしても、あなたはあなた自身を守るために休んでいいんですよ。

本来はその場の上層部がペースを落としても目標が達成できたり、みながいきいき過ごせたりするように仕組みを考え直すのが筋です。

どうしても休めないときは、自分で自分をよくよく労わりましょう。

とくに、なんにでも全力で取り組む、完璧主義さん・頑張り屋さん・好奇心旺盛さん、あとはなかなか断れない良い人さんは、この話を心の隅において、積極的に休んでくださいね。

みどり(Midori Rahma Safitri)

\おかげさまで、読者さん じわじわ増加中!/

メルマガでも、自然体で愛し愛される自分色人生についてガイドしています。

・自分らしい人生を歩みたい。

・他者とも助け合い、分かち合って生きていきたい。

そんな方は、この機会にぜひご登録くださいね。

【無料メルマガ】「自分色人生ガイド」のご登録はこちらから

広告
広告(大)2スクエア 自分色人生
広告(大)2スクエア 自分色人生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告(大)2スクエア 自分色人生