週刊ロンボクカッパ(1)居場所がないとき、落ち込んでるとき

こんにちは、みどりです。

土曜日は、南の島のロンボクカッパ語録をまとめます。

南の島のロンボクカッパは、私がロンボク島の人々をモデルに作ったゆるキャラです。

⇒「南の島のロンボクカッパ」について詳しくはコチラ(準備中)

毎週水・土曜更新の Instagram を、もう頑張れない・疲れたというときに読んでいただけたら心がホッとしますし、何をどんなふうにしたり考えたりすれば心身が楽になって、人生も好転するのかがわかります。

今週は、以下の二本です。

・【居場所がないとき:自分の庭へいく】

・【落ち込んでるとき:ぽっかり浮かぶ】

↓ここからインスタ引用です

———————————————–

居場所がないとき:自分の庭へ行く

居場所がないと感じたらな、
自分の庭へいくねん。

庭って、
家の庭のことやないで。

自分だけの
とっておきの場所のことや。

最初はそういうところを探すねん。

どこでもええねんけど、
自然があるところがオススメやで。 「ここに来たら落ち着くなぁ」
「安心するなぁ」
「いい気分になるなぁ」
っていうところを探すねん。

静かなところがええ人もおるし、
ざわついてるほうがええ人もおるから、
自分にとって
しっくりくるところを探すんや。

病気やケガで
外へ出歩けないときは
頭の中に
そういう場所を作っておくねん。
絵に描いておくとええよ🖼

お気に入りの大きな木を眺められる
公園のベンチとかな、
風がそよぐ草むらとかな、
そういうところ。

ワシはなんといっても川べりやな。
やっぱカッパやし。
泳がなくても
川の流れを見てるだけで
なんや楽しくなってくる。

ほんでな、
辛いときはそこへ行くねん。
別に辛くなくても、
時々行って、
ただボケーッとすんねん。

深呼吸しながら
五感で
その場の音や匂いを受けとって、
ありがとう言うて帰ってくるねん。

それだけで、
勝手にええ感じに
自分が調律されるから。

くれぐれも
安全には気をつけるんやで。

———————————————–

落ち込んでるとき:ぽっかり浮かぶ

今、海におるねんけどな、
海ってええなぁ。

なーんにもせんと、
ぽっかり浮かんでるだけで
気持ちええもん。

ところでな、
「浮かばれない」って言葉、
聞いたことあるやろ?

苦労が報われへんかったときや
気持ち(情念)が晴れてないときに
無念さを表す言葉やんな。

でな、
もし君が今、
浮かばれない顔をしてるとしたら、や。

そんな浮かばれない気持ちを
晴れ晴れとした気持ちにする方法があるねん。

海に浮かぶんや。

冗談ちゃうで。
体を海に浮かばせたら、
心も「浮かばせる」ことができる。

今の時期
日本は寒いから、
温泉でも銭湯でもええ。
家の風呂場でもええ。

え?どれも無理?
まぁ、そうやろ。

じゃあ、とっておきを一つ教えるわ。

あんな、
布団の上にな仰向けに寝るねん。

手と足はピッタリくっつけずに、
少し体から離しておくといい。

目を閉じて
海に浮かんでいるとイメージしよう。

はい、深呼吸。
スーハースーハー。
リラックスして~。
らく~な気持ちで。

海にプカプカ浮かんでる気持ちを
味わって。

プカプカプカプカ、
はぁぁぁ~気持ええなぁ~。 そのまま、
頭や心の中から
イヤなこと悲しいこと苦しいこと辛いことが
抜けていって、
シャボン玉みたいに
空へ昇っていくのをイメージするねん。

プカプカプカプカ
プカプカプカプカ

バイバイ

君は海(布団)の上から
空へ向かって手を振る。

バイバイ
バイバイ
バイバーーーーイ

はい、これで
イヤなことは全部
空へ浮かんで
消えていったで。

ゆっくり目を開けてみて。

浮かばれなかった気持ちが
少しは晴れたやろ?

———————————————–

以上、今週のロンボクカッパさんでした。

こんなロンボクカッパさんに会えるのは instagram のみです。

どうぞフォローしてくださいね♡

広告
広告(大)2スクエア 自分色人生