親など身近な人が大嫌いすぎて苦しい、疲れたときの対処法二つ

こんにちは、みどりです。

この記事は、大嫌いな人、憎んでいる人、死んでほしいくらい腹の立つ人がいるときに読んでください。

私も大嫌いな人がいたことがありますが、苦しいですよね。

とにかく心の中も実生活も穏やかではありません。

ずっとイライラするかシクシクしています。

人を嫌う自分自身に対しても罪悪感がありますしね。

今日はそんなときのための対処法を二つ書きます。

1.なぜそんなに大嫌いなのか

ほかの人のことはそうでもないのに、その人のことだけどうしようもないほど嫌いー。

あなたにそんな人がいるなら考えてほしいことがあります。

あなたはなぜその人のことが大嫌いなのでしょうか。

きっといろいろな出来事・きっかけがあると思います。

でもね、一言で言い表すことができます。

「あなたが大切に扱われなかったから」です。

その人があなたをわかってくれなかった。

その人があなたの気持ちを無視した。

その人があなたを認めなかった。

その人があなたを信じてなかった。

その人があなたを愛さなかった。

そのことに対して、あなたの自尊心は傷ついたのです。

そして、あなたの魂が怒っているのです。

世界にたった一人しかいない私を粗末に扱うなんて!!!!

なんで私を大切に扱わないのーーー!!!!

あなたを大切にしないから、あなたはその人のことが大嫌いです。

2.相手をどうにかすることはできないと諦める

大嫌いな人のことを考えているとき、あなたの心や体はどんな状態でしょうか。

多くの場合は超緊張状態です。

苦しかったり、悲しかったりしますが、ピンと張りつめて疲れています。

それから逃げるために、私たちはその人に対して「早くあなたが間違っていると気づいて改善してほしい」「「私を大切にしてほしい」と思いがちです。

それができないのなら「消えてほしい」「二度と顔を見せないでほしい」と思います。

だけど、どれも逆効果です。

その人の何にも変わらないし、消えてくれないし、あなたを大切に扱ってはくれません。

あなたがますます疲弊するだけです。

もうね、あなたの時間や体力のムダでしかありません。

さっさと白旗をあげちゃいましょう。

「むりむり、私にはその人のことはどうにもできないもん」って。

どうにもできないと諦めたほうが運が巡ってきます。

なぜかというと、諦めたら「ゆるむ」からです。

相手をどうにかしようとしてるときは、すっごい力が入っています。

エネルギーがカッチンコッチンになっているのね。

それが、「もう無理無理、やーめた!」と諦めた瞬間ゆるっとなります。

例えると、水と氷。

水の入ったコップと、カチコチに冷えた氷の入ったコップ。

両方のコップにジュースを注ぎます。

どちらのほうが、ジュースを注ぎ込みやすいですか?

力の抜けたゆるい状態のあなたのほうが、幸運を流し込みやすいってわけです。

3.相手からできるかぎり離れる

そして、もう一つできることがあります。

それはその大嫌いな人から離れること。

大嫌いな人って自分の近くにいるものです。

見ず知らずのどこか遠い国の人を大嫌いになるなど、そうそうありません。

あなたが心底嫌いなのは、毎日のように顔を合わせる人や、会わなくても関係性の近い人のはず。

そんな身近な人から大切に扱われないなんて、そりゃあ苦しいです。

だからこそ、あなたがあなたを大切にするんです。

この場合、自分を大切にする最上級の行動はね。

  • 相手からできるかぎり離れること
  • 相手とできるかぎり接触をさけること

たとえ親でも、大好きだった人でも、めちゃくちゃお世話になった人でも、社会的に相手の立場が上位にあっても、離れてください。

できるなら引越し、休職・転職/転校、電話番号メアドの変更など。

なるべく家(職場/学校など)の外で過ごします。

(参考⇒死んでしまえと思っていた姑の話 (準備中))

もう一度言いますね。

あなたを大切に扱わない人からは離れましょう。

どうしても状況的に離れられないときは、せめて頭の中で離れるのです。

具体的にはこうです。

・その人のことではなく、大好きな人のこと、大好きなもののことを考えましょう。

・その人の言ったひどい言葉でなく、あなたが自分自身にかけてあげたい言葉を自分にかけましょう。

・その人のしたひどいことを思い出すのではなく、これからあなたが自分にどんな経験をさせてあげたいか考えてみましょう。

小さな小さなことでいいんです。

一つひとつ、上にあげたことを実行していきましょう。

あなたの命、あなたの人生です。

大嫌いな人に疲弊するより、大好きな人と愛し愛されることに使いませんか?

4.周りの人があれこれ言ってきたら

あなたが身近な人から離れることをとやかく言う人もいるでしょう。
(その相手が一番いろいろ言ってきます)

あんなに世話したのにとか、どれだけ愛してるかとか…。

聞き流していいですからね。

あなたは恩知らずではありません。

相手が恩を作っているふうで恩を作らなかったのです。

周りの人がどんなにあなたの味方にならなかったとしても、あなただけは味方でいましょう。

今、あなたはあなたを大切に扱おうとしているのです。

十分すばらしい、味方でいるに値する存在ですよ。

5.この記事のまとめ

心の底から大嫌いな人がいて苦しいとき。

・相手のことはどうにもできないと諦める

・あなたを大切に扱わない人とはできるだけ離れる

・周りの言葉は聞き流す

嫌いなもの・人、イヤな気持ちになることからは身を離す。

勇気のいることですが、あなたらしい人生をおくるには欠かせないことの一つです。

ゆっくりやっていきましょうね。

みどり(Midori Rahma Safitri)

難しいこと、わからないこと、ご感想などをお寄せいただけたらうれしいです。

コメント欄やお問合せよりどうぞ。

ブログ上で仮名にて回答させていただきます。

広告
広告(大)2スクエア 自分色人生
広告(大)2スクエア 自分色人生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告(大)2スクエア 自分色人生