【謹賀新年】「今年こそは」と思っているあなたへ

あけましておめでとうございます。

2019年にこのブログを読んでくださった方、ありがとうございました。

初めてご覧くださった方、はじめまして。みどりと申します。

年末に、去年までのブログ記事を全部捨てました。

今年からは、これまでの経験を踏まえてライフコーチとして活動していきます。

自己紹介などはもう少し記事を書き溜めてからあらためて…。

2020年も、どうぞよろしくお願い致します。

新年ですので、今日はこの1年を去年より肩ひじ張らずとも充実して過ごすための方法を書きました。どうぞお付き合いくださいね。

充実した1年を過ごすために新年にする、たった一つのこと

去年は悔しく不甲斐ない思いをして、

「今年こそは〇〇したい! 〇〇を叶えたい! がんばるー!」

と、今年の目標を立てた方もいらっしゃるかもしれません。

すてきですね♡

もしまだの方がいらしたら…。

そして、あなたの望みの叶う1年にしたいなら…。

ぜひこの正月の一週間ほどのあいだに、少しだけ準備をしましょう。

幸せな1年への扉がそっと開きます。

まずは紙と鉛筆を用意します←大事‼

することはたった一つ。

どんな1年にしたいかを思い描くだけ!

「こんな一年にしたいなぁ!」と、どこまでも自由に思い描いてください。

それを、文字や記号やイラストなどで紙に書きましょう。

※注意※

1.「こんな1年になったらいいなぁ!」ではなく、「こんな1年にしたいなぁ!」ですよ。

2.せっかく思い浮かんだ夢を「どうせできなさそうだからいいや」と打ち消すのは、今年からやめましょう(*^^*)♪

「何でもできるのだとしたらどんな1年にしたいか」と想像してみてくださいね。

いきなり思い描くのは少し難しい場合に、5つの質問に答える簡単な方法もご用意しました。

質問に答えることで、自分がどんな1年にしたいのかがわかります。

質問の答えを紙に書いてくださいね。

1.2020年に、「これだけは叶えたいこと」はなんですか?

ほかのすべてが叶わなかったとしても「これだけは!」というものを一つ書きましょう。

はじめは叶えたいことをいくつか書いて、その中から絞っていくのがやりやすいです。

2.2020年の大晦日に、1年を振り返り、どんな1年だったと言いたいですか?

「いい1年だったなぁ」「幸せな1年だったなぁ」よりも、もう少し具体的になるといいですね。

例)

「一番の目標が叶って本当にいい1年だったなぁ!」

「いつも笑顔の絶えない1年だったなぁ!」

「無病息災で穏やかに過ごせた1年だったなぁ!」

「長いトンネルから抜け出して新たな道を歩きはじめた1年だったなぁ!」

「去年の大晦日からは考えられないほど成長した1年だったなぁ!」

3.上の台詞を言っているあなたは、どんな気持ちですか?

例)

誇らしい

嬉しい

晴れやか

おだやか

楽しい

感謝

4.誰とこの喜びをわかちあったり、お礼を伝えたりしたいですか?

あまりたくさん書かずに、数人までに絞ってください。

故人や神仏などでもいいですよ

5.↑この人が、あなたになんと言ってくれたらうれしいですか?

例)

「1年間、よく頑張ったね」

「やったね!」

「ありがとう!」

「すごいね!」

「あなたのおかげで私もいい1年だったわ」

↑↑↑

ここまでを新年のなるべく早いうちにやってくださいね。

そして、1年間、いつでもこの紙を見てください。

紙を見やすいように、手帳に挟むなり、壁に貼るなり、スマホで撮影して待ち受けにするなり工夫してくださいね。

嘘みたいですが、この紙を書いて、見れば見るほど叶いやすくなります。

それにはもう少しコツがあるので、また次回の記事でお伝えしますね。

この紙に書く方法は、新年だけでなく、一か月のはじまりや、何か新しいことをはじめる節目のときなどにも使えます。

何もない時でも思い立ったときにやっても、もちろんかまいません。

ただ思い描くことを何度も見るだけなんですが、このパワーってすごいんですよ。

さぁさぁ、鉛筆とノートは用意しましたか?

それでは、あなたの望みが叶って「やったー!」な大晦日に向けて、1・2・3・go!!

2020年、あなたに幸せがたくさん降り注ぎますように。

そして、あなたらしく、いきいきのびのびと歩んでいけますように。

with love, from Lombok

みどり

スポンサーリンク
広告(大)2スクエア
広告(大)2スクエア

シェアする

フォローする