【3ステップ】先送り/先延ばしにする人が「すぐやる私」になるコツ

こんにちは、みどり(@hiju39)やで。

今日は、なんでも先延ばしにする人が「すぐやる私」に切り替わるコツを3ステップでお話します。

…といっても、私も昨晩、記事を書くのを後回しにして「あーあ、今日もやらんかったぁぁ」と後悔しながら寝たばかりです。そういうときって自分がイヤになりますよね。

なので、今日は自分へのメッセージも兼ねて、話したいと思います。

自分のことを好きになるためにも、すぐやる人になるコツ、読んで下さい。

じゃ~、いってみよ~。
 ※音声はこちら → stand fm, Anchor (ブログ記事と同内容)

step.1「私はなんでも先送りにする人間だ」という自己認識を捨てる


「すぐやる人」になりたいなら、「私、なんでも先送りにしちゃうんだよね」という自己認識を捨てるところから始めましょう。捨てたほうがいい理由は2つあります。

1.私たちはなんでも先送りにする人間ではないから
2.これからの自分のほうが大事だから


私たちはほんとは「なんでも」先送りにしているのではありません。

あなたも、やりたいこと・好きなことは嬉々としてすぐに取り掛かりますよね?

私たちが先送りにするのは、「やらなくちゃいけないとはわかっているけど、やりたくないこと」。本音ではやりたくないから体が動かないの。

なので、私たちは物事を先送りにしてるダメな奴じゃなくて、ほんとはやりたくないのに、本能に逆らってでもやらなきゃいけないことをやろうとしている責任感のある奴なんです。

ここまで読んでも、「いやいや、そんなわけない…。私、ほんとに後回しにしちゃってるんだもん」と思う方。

わかりました。では、あなたが本当になんでも先送りにする人間だとしましょう。

でもですよ。そうだったとしても、それはこれからのあなたとは関係ありません。人は一瞬で変われるからです。

なんといっても、これからの人生では、これまでのあなたよりこれからのあなたのほうが大事やん?

だから、「私はなんでも先送りにする人間だ」という今までの考えを潔く捨てて、新しい自分をつくりませんか?


step.2 言葉をかえて新しい自己認識をつくろう


今までの自己認識を捨てたら、かわりに「私はなんでもすぐやる人間です♪」と言ってみます。

人って「私はこういう人間です」と思えば思うほど/口にすればするほど、不思議とそういう人になっていくんです。だから、すぐやる人になりたいなら、自分で自分のことを「私はすぐやる人間です」と言うといいよ。

この言葉どおりでなくても、自分にしっくりくる言い方・表現でオッケー。まずは気軽に言葉を変えてみましょう。言葉が変われば自己認識が変わり、あなたも変わります。言葉一つで「すぐやる」人間になるなんて、手軽でいいと思いませんか。無料だし、努力不要だし、ね。

「なんでもすぐやる人間じゃないし」と反発心がでてきてもいいねん、はじめは。「すぐやる人間です』と何度も言っているうちにだんだん自分が追いつくからね。

それから、違和感とか怪しそうとかバカらしいとか、そんな気持ちが出てくることも多いです。

いいの、いいの、オールOK。そんなときは、「そっかそっかー、わかるよ」「でも、今からは『すぐやる人』になるんだよね?」と自分がどっちへ進もうとしているのか、しっかり自分で選び直しましょう。

(別記事リンク:やりたくないと感じている自分に素直になる(仮タイトル、準備中)

step.3 「すぐやる課」にいる自分を引っ張り出して、動かす


最後に、私は「すぐやる課の私」を起動させます。

ひじゃう
ひじゃう

「すぐやる課の私」って誰ソレ??

ドラッグストアの「マツモトキヨシ」、ご存知ですよね?

その「マツモトキヨシ」の創業者・松本清さんが、のちに千葉県松戸市の市長になった際に「すぐやる課」という課をつくりました。

市民が市役所や行政の役所でたらい回しにされたり待たされたりするのを改善するためにつくった課なのだそうです。

すぐやる課の壁には

すぐやらなければならないもので
すぐやり得るものは
すぐやります

と書いてあるんだとか。
こんな課があったら、市民はうれしいし、安心ですよね。

それでですね、私は自分の妄想のなかで、自分を「すぐやる課」に所属している設定にしています。はい、これが「すぐやる課にいる私」です。

すぐやる課の自分の起動方法

何かを後回しにしてるなぁと思ったら、すぐやる課にいる私を起動させます。

やり方はかんたんで、

1.「すぐやる課のみどりさーん(あなたの名前)、この件、よろしくお願いします」と声に出して呼び出す。※声に出したほうがパワーでるので、つぶやきでもいいので声に出してみてね

2.続けて、「はーい」と返事をして、サッと立ち上がる。

これだけです。簡単でしょ?

物事を後回しにしているときは、たいていダラダラゴロゴロしていると思うんです。寝ているか座っているかですよね。なので、いったん立ち上がるのがミソ。※立ち上がれない人はどこでも体を動かしてみてください。

これで、物理的に重い腰があがりました。

ひじゃう
ひじゃう

気持ちだけでなく体も「すぐやる」態勢になったんだね!

立ち上がったら、あとはそのままの勢いで、すぐやる課のあなたにおまかせして、やることに取り掛かります。すぐやってくれますよ。だって、すぐやる課のあなたですからね。

まとめ~要はすぐやるようになったらいい


「すぐやる私」になる3ステップはここまでです。まとめますね。

まとめ すぐやる私になる3ステップ
1.「私はなんでも先送りにする人間だ」という自己認識を捨て
2.「私はなんでもすぐやります!」と言い
3. すぐやる課のあなたを呼び出して、立ち上がる

以上です。

こんなことやるなんて変な人みたいですか??

いいんですよ。変な人で(笑)。自作自演だろうが妄想だろうが変人だろうが、要はすぐやるようになったらいいんです\(^o^)/

へぇ~やってみよ~と軽いノリでお試しあれ。

そんなわけで、今日のサマサマセナン・コーチング。

「すぐやる課のあなた自身にやってほしいことはなんですか?」

コメント欄や各種SNSに書くと、すぐやる課のあなたが仕事に取り掛かりやすくなりますよ。

ではでは、なんでもすぐにやる、気持ちいいあなたを体験してみてくださいね。

最後まで読んでくれてありがとう。
お互いサマサマ幸セナン♪

(Midori Rahma Safitri @hijau39)

みどりの人生相談・人間関係のオンラインセッション




コメント

タイトルとURLをコピーしました