姑サーちゃん号

ロンボク島の小さな家族

姑サーちゃんと家族との奇跡ように美しい一日

奇跡という言葉は安易に使わないほうだけど…。今日は使ってもいいかな、と思う。 姑サーちゃん、7月10日に倒れてからほぼ寝たきりで全介護となった。脳梗塞で右半身が付随になり、言葉も思うように操れなくなった。声はでるけど...
ロンボク島の小さな家族

姑サーちゃん、イボおばさんから高価な布を買ってひと騒動おこす

「それ、詐欺じゃん!」 私の話を聞いて、義妹ノプの声は裏返った。 「イボおばさん、何やってんのよ」 アティ姉さんは呆れながら怒っている。 私たち3人は、姑サーちゃんが購入したバティック布について話をしていた。 ...
ロンボク島の小さな家族

姑サーちゃんがアカンかんじになったので、家族親族総動員した話

昨日の昼前、サーちゃんはテラスに座って、チクチクとスカートの裾をまつっていた。 私はテラスから見える場所で家計簿をつけることにした。 10分もしないうちに、サーちゃんの変な声が聞こえてきた。 呼吸とともに声...
ロンボク島の小さな家族

【在宅介護】姑の便の掃除・片付けを家族全員が共有した話

(※注意※本日の記事には、便に関する具体的な記述があります。ご了承のうえ、時や場所を見計らって御覧ください) 2月のことだ。 洗濯をするために洗濯機置き場へいくと、強い臭いがした。 明らかに大きいほうの便の...
ロンボク島の小さな家族

さっき呼んだのにまた? 姑サーちゃんの頭の中

なんだか今日はずっとサーちゃんに呼ばれていたような気がしている。 ちょっと数えてみたら、10回だった。 6時間睡眠として、一日18時間のうち10回。 単純計算で、1時間半~2時間に1回は呼ばれたことになる。 え!...
ロンボク島の小さな家族

嘆き節ばかりの姑と嘆き節を聞くのに疲れた嫁が、心通わせられた話

姑サーちゃん(以下、サーちゃん)と私の1か月ほど前の話。 サーちゃんはずーーーーーっと次男の心配ばかりしていた。 寝ても覚めても次男の心配。 サーちゃんには4人の息子がいる。うち1人は前夫との間の息子で、スマトラ島に住んでいる...
ロンボク島の小さな家族

【姑の介護】認知症気味の姑に顔を忘れられた話

姑サーちゃん(以下、サーちゃん)が痛風発作と思われる大きな痛みを訴えた。 ▶姑サーちゃんの真夜中の呼び出しにこたえた話 次の朝、起きてすぐに様子を見た。 今日検査へ行くかと確認すると、サーちゃんは「行きた...
ロンボク島の小さな家族

痛風?「足が痛い」ー姑サーちゃんの真夜中の呼び出しにこたえた話

木曜日、私は用事があって朝から夕方まで外出していた。 帰宅したら、家中グダグダだった。 夜も食事の席にお誘いいただいていたが、断って正解だったな。 体調の悪かった夫に風邪薬を飲ませ、長く私を待っていた娘とは一緒に絵...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました