【家庭の失敗談】ブーメランが戻ってきて、思いっきり刺さった話

こんにちは、みどり(@hiju39)やで。

今日はね、私の失敗談の話。
 ※音声はこちら → stand fm, Anchor (ブログ記事と同内容)

突然ですが、ブーメランって聞いたことある? ネットスラングで、他人へ放った発言(たいていは批判・悪口などネガティブなもの)が、発言者にも当てはまる様子を指すよ。「あなたも同じでしょ」と第三者が注意を促すときに、「それ、ブーメランやで」などと使う。

今回、私は我が家でブーメランを体験してしまってん😅 夫や娘にいつも言ってたことが、思いっきり我が身に降りかかって痛かったわ。今日はその話のシェア。

じゃ~、いってみよ~。

パソコンのキーボードが壊れた。いや、壊した(泣)


昨日の夕方、パソコンである動画を見ていたのね。内容がショッキングで心臓がドキドキしてきてん。心を落ち着かせようと、台所でコーヒーを淹れたの。

私は、いつもはパソコンのそばに飲み物は置かないように気をつけてる。それやのに、昨日はショックで動揺していたからか、無意識にコーヒーを自分の机の上に置いた。ほんで、あぶないからコーヒーを移動させようとしたその時。

カターン。
小指がカップの縁に触って、コーヒーがこぼれたんよ。ぎゃー。

机の上のノートがコーヒー色になり、パソコンのキーボードの下にまでコーヒーが流れた。だけど、そう広範囲ではなかったし、キーボードの上からコーヒーが降っかかったんじゃなくて、下だからセーフかなと思ってん。

ところが、だ。この後、キーボードの不調が発覚。修理コース決定だった。

あーあ。修理のためには、夫にバイクで送ってもらわないといけない。キーボードが壊れたこと、家族に言わないとなぁ。

いつも他人に注意していることを、自分がやってしまった


私はよく夫や娘に注意している。

二人ともスマホが大好きなわりには扱い方が雑なので、しょっちゅうこう言ってる。

「スマホの近くに飲み物おいたらアカンって!」
「こぼれるやろ!」
「こぼれたらどうすんのよ!?」
「何回言ったらわかるんよーーー💢」
「モノを大切にしろーーー!!!」

夫にも娘にも口酸っぱく言ってるのに、私がやらかしたなんて言いたくない。…でも言わなきゃ…。憂鬱だった。

仕方なく、私は夫に事情を伝えた。夫はあーぁと小さく息を漏らした。娘・プーちゃんにも話したら、プーちゃんはハァーとわざと大きなため息をついたあとで、「もーー、ママーーー」と笑った。

でも私は笑えなかった。

キーボードが壊れるのも痛手だけど、何より自分が普段あんなに口うるさく言ってることを自分がやってしまい、ひどく堪えた。

ブーメラン、まじめっちゃ痛いやんけ…。

再び痛い目に遭わないようにするには?


ブーメランは予想以上に痛かった。なので、私は考えた。

「またブーメランが自分に刺さらないようにするには、どうすればいいだろう?」

答えは簡単、ブーメランを投げなければいいだけだ。つまり、ネガティブな発言や態度を他人に向けなければいい。しかし、たったそれだけのことが難しいと思わない??

何か私の怒りや悲しみや寂しさに触れるようなことがあれば、思わず反射的に怒ったり、声を荒げたり無視したり、不貞腐れたりしてしまう。

それに、発言自体は悪くなくても、言い方やタイミングがまずいものだってある。また、自分はブーメランを投げていないつもりでも、相手にとっては痛いことだってあるよね。

ブーメランを投げないって意外と難しいなぁ。

「ブーメランだぞ」と誰かに言うのは簡単だけれど、じゃあ一体どうやって、そもそもブーメラン、つまり誰かへのネガティブな発言を放たないようにしているんだろう。

そんなわけで、今日のお題

「あなたは相手を傷つけるような批判や悪口などを発言しないように、どんなふうに気をつけていますか?」

あなたが気をつけていることを教えてほしいな。きっと一人ひとりが知恵を持ち寄れば、「あ!」というアイデアやヒントに出会えると思うんだよね。それって素敵なことやと思いませんか? 各種SNSやブログのコメント欄にご意見お寄せくださいね。

最後まで読んでくれてありがとう。
お互いサマサマ幸セナン♪

(Midori Rahma Safitri @hijau39)


コメント

タイトルとURLをコピーしました